アバナで勃起不全解消の巻

ほどよい効き目のED治療薬

食事のタイミングに左右されないアメリカ生まれの新薬ステンドラとは

ED治療薬は男性の性的不能の悩みを解消させてくれる薬です。
勃起を抑圧させる酵素の働きを抑えることにより勃起力を継続させてくれる力があります。
現在ED治療薬として、代表的なものには、バイアグラ、レビトラ、シアリスがあり、これらの純正品と、同じ成分を含んでいるジュネリック製品が主流です。
しかし、2012年度にさらに新しい新薬が生まれました。
その新薬とは、アメリカにある製薬会社で生まれたステンドラです。
Vivusという製薬会社で販売されたステンドラは商品名であり、アバナフィルという薬が主成分です。
勃起を抑圧させる酵素はPDE5と一般に呼ばれていますが、バイアグラと同様にこのPDE5の働きを抑えることによって、陰茎部の血流をよくさせ、血管を拡張させる働きにより、男性的機能を回復させる効果や効能があります。
これまでの治療薬の場合だと、薬を飲むタイミングがなかなか難しいことが問題となっていました。
たとえばバイアグラの場合だと、空腹時であれば性交の30分前からで効果があり、通常時では性交の1時間前からの服用で4~5時間の効果があります。
また服用のタイミングは、食前に服用しなければならず、食後には、薬を服用しても効果が期待できないという問題点がありました。
しかしアメリカで生まれた新薬なら、食事の影響をほとんど受けないので、食事と一緒でも薬の効果を発揮することができるのです。
そのため、突然、彼女とデートをすることになり、デートで食事、その後、ベッドインということになっても、この新薬なら、うまく活用することができるのではないでしょうか。
また即効性があるので、薬の効果を待つ必要もないので、ベッドでのコミュニケーションも円滑にいくことでしょう。
通常はベッドインの30分前に合わせて服用すれば、よいのですが、早く効果が現れる場合の方だと、15分ほどで陰茎部への効果が現れます。
一回の服用量は100ミリグラムですが、半分の50ミリグラムから、倍の200ミリグラムまで自分で調整するとよいでしょう。
また薬の服用は一日に一度のみにするようにしましょう。
あらかじめ、自分で効果を確認してから服用量を決めておくと、失敗がありません。
初めて服用する場合には、50ミリグラムで様子を見てみましょう。
主成分のアバナフィルには、陰茎部の勃起不全や陰茎の中折れなどの問題を解消してくれる効果もあるので、勃起状態を継続できないという悩みを抱えている方の救世主となる存在でしょう。