新しいED治療薬

ED薬は男性の性的不能の悩みを解消してくれる薬です。

PDE5(5型ホスホジエステラーゼ)阻害薬としてcGMPの濃度をあげることによって血流を増やすよう促します。
わかりやすく言うと、勃起を抑圧させる酵素の働きを抑えることにより勃起力を向上させ継続させてくれる力がある、ということになります。

現在ED薬として代表的なものには、バイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。
そして、これらの純正品と同じ成分を含んでいるジェネリック製品が主流です。

しかし最近、上記のED治療薬に加え、2012年に最新の薬が生まれました。
その新薬とは、アメリカにある製薬会社で生まれたステンドラという第4世代のED治療薬です。



最新の開発なので従来のED治療薬の弱点を改善しています。
従来のED治療薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)とどのような違いがあるのでしょうか?

ステンドラの特徴と利点を解説します。

ステンドラとは

Vivus(ヴィヴス)という製薬会社で販売されたステンドラは商品名であり、アバナフィルが薬の主成分名です。

勃起を抑圧させる酵素はPDE5と一般に呼ばれていますが、バイアグラと同様にこのPDE5の働きを抑えることによって、陰茎部の血流をよくさせ、血管を拡張させる働きにより、男性的機能を回復させる効果や効能があります。



これまでの治療薬の場合だと、薬を飲むタイミングがなかなか難しいことが問題となっていました。
たとえばバイアグラの場合だと、空腹時であれば性交の30分前から効果があり、通常時では性交の1時間前からの服用で4~5時間の効果持続があります。
また服用のタイミングは、食前に服用しなければならず、食後に薬を服用しても効果が期待できないという問題点がありました。

しかしアメリカで生まれたステンドラであれば食事の影響をほとんど受けないので、食事と一緒でも薬の効果を発揮することができるのです。



以下にステンドラの特徴を記載します。

◆ステンドラの特徴

【服用について】
1日1回、性行為の15~30分前に水またはぬるま湯での服用をしてください。
再度服用する場合には必ず24時間以上空けてから使用してください。
上で紹介したとおり、食事の影響はほとんど受けないと言われています。
今までのED治療薬の中で1番食事のタイミングを気にすることなく服用できるのが特徴です。
ですがもっとも効果を得られるのはやはりどの薬でも同様ですが空腹時なので、空腹時での服用がおすすめです。
アルコールとの併用は過剰摂取すると効果が薄まってしまう場合がありますが、リラックス効果を促す相乗効果があるので飲んでも平気です。

【服用量】
50㎎、100㎎、200㎎があります。
通常は1回の使用につき100㎎が目安です。
初めて服用する場合には50㎎で様子を見てみましょう。
ご自身の状態に合わせて50㎎から200㎎まで調整してください。
あらかじめ、自分で効果を確認してから服用量を決めておくと、失敗がありません。

【即効性】
今までのED治療薬の中で最速と言われるレビトラと同程度かそれ以上の即効性があります。
通常はベッドインの30分前に合わせて服用すれば良いのですが、早く効果が現れる方だと15分ほどで陰茎部への効果が現れます。
そのため、突然彼女とデートをすることになり、デートで食事、その後ベッドインということになっても、この新薬なら、うまく活用することができるのではないでしょうか。

【効果持続時間】
約6時間です。

【副作用と注意事項】
副作用としては、顔のほてりや鼻づまり、頭痛、背中の痛み、動悸などがあります。
発症する頻度は低く、症状が出ても軽度のものが多いとされています。
薬の効果が切れると同時に副作用も収まることが多いです。
万が一、副作用が続く場合は適切な医療機関での受診をおすすめします。
ニトログリセリンや硝酸剤を使用している人はアバナフィルを使用することはできません。

日本国内ではステンドラは認可されていないので、海外のものを購入するしかありません。
しかし自分で海外の人と取引するのは言葉の壁や、トラブルの観点からみて難しいといえます。

そこで代わりに手続きをして、商品を配送してくれるのが個人輸入代行業者です。



普通の通販サイト同様に買い物するだけで薬を手に入れることできます。
もちろん処方箋はいらないので薬代のみでの購入となります。

ステンドラの位置付け

バイアグラ、レビトラ、シアリスといった今までのED治療薬では、効力の強さでいえばバイアグラ、飲んですぐ効くのがレビトラ、持続時間の長さや副作用の無さでいえばシアリスとされています。

ステンドラがこの3つより優れている点は、即効性があり食事の影響を最も受けない点です。
バイアグラの次に強い効果を待つとされ、即効性はレビトラを凌駕、副作用もあまりなくシアリスと同等と言われています。

唯一劣っているのは持続時間ですが、他の点では勝っているものも多く、効果が期待できる医薬品です。

アバナフィルの有用性

主成分のアバナフィルには、陰茎部の勃起不全や陰茎の中折れなどの問題を解消してくれる効果もあるので、勃起状態を継続できないという悩みを抱えている方の救世主となる存在でしょう。

現在ではこのステンドラにもジェネリックが存在します。



大手製薬メーカーが製造するED治療薬のアバナです。
主成分が先発薬と同一の為、その効果も同様に期待を持つことができ大変人気のある治療薬となっています。

ステンドラは100mgで大体1錠1000円ほどとなりますが、ジェネリックのアバナであれば1錠500円ほどと半額で手に入れることができます。

また、他にもこのアバナフィルが配合された早漏改善の薬が存在しています。

ステンドラにプリリジーという早漏防止薬を配合したもので、早漏改善効果も併せ持つスーパーアバナというものです。
勃起を促しつつ早漏を改善するという、正に男性には夢のような薬です。
相手女性を満足させたいという方は1度利用してみてはいかがでしょうか。

ステンドラのジェネリック医薬品アバナ

アバナは最新のED治療薬であるステンドラのジェネリック医薬品です。
有効成分は新薬と同様のアバナフィルなので、効果も同様です。

従来のED治療薬と比べ即効性に優れていてなおかつ食事の影響をほとんど受けないのが特徴です。

そのため今までのED治療薬が合わなかった人にも新たな選択肢として注目されています。

アバナの効果

アバナは従来のED治療薬と同様のPDE5(ホスホジテラーゼ5)阻害薬です。

体内に存在するPDE5という勃起を妨げる酵素を阻害することで勃起を促し持続させます。



有効成分のアバナフィルの効果発現時間は15分からと早く、食事の影響も受けにくいため、服用時間も左右されず薬の効果の出方も変わりません。

効果の持続時間は5~6時間ほどでレビトラと同じくらいといえます。

性行為の30分前に服用することで効果を得られるので急な場面でも使用することができます。

アバナの副作用

アバナの副作用はバイアグラと似ています。

頭痛、鼻ずまり、顔のほてり、目の充血などが主な副作用ですが、バイアグラとは違い、発現率が格段に抑えられています。
副作用が出た場合でも数時間で消えることがほとんどなので、性行為に支障がない程度といえます。

併用禁止は従来のED治療薬と変わりません。

硝酸剤、ニトログリセリン、不整脈の薬などです。
そのほかに抗生物質や抗真菌剤(HIV治療薬、ケトコナゾールなど)を服用している人も服用できません。
また心臓や脳に疾患がある人は医師に確認の上で服用してください。

アバナを購入するには




先発薬であるステンドラが国内で認可されていないので、ジェネリックであるアバナももちろん処方されません。

そこで購入できるのが個人輸入代行です。

ステンドラも販売されていますが、アバナの方が人気があります。

その理由は価格にあります。
同様の成分で効果も同じなので価格がステンドラの半分以下であるアバナを選ぶユーザが多いです。

また、上でも紹介しましたが、先発薬であるステンドラと同じ価格帯で早漏防止効果のあるダポキセチンを配合したスーパーアバナという商品もあります。
お値段は少々張りますが、勃起不全の回復と早漏改善を併せて行いたい方にはこちらの商品も検討してみてください。

個人輸入代行サイトでは、日本国内で処方されているED治療薬のジェネリックの取扱いもあるので安価で効果を試すことができます。

自分に合っているものを探すのに飲み比べてみるのもいいですね。

ED(勃起不全)の原因

EDの原因には様々あります。

主な原因としては下記の3つが挙げられます。

それぞれの原因の特徴を解説しますので、気になる症状がある場合はチェックしてみてください。

心理的な原因



心理的なEDの大きな原因としては、日常の些細なストレスから過去の性的なトラウマやコンプレックスなどの深いものまであります。

日常の些細なストレスなどで起こる現実心因といわれる類のEDは、過労や睡眠不足でもなってしまいます。
この場合、ED治療薬の服用が効果的です。

また過去の性的なトラウマなどで起こる深層心因といわれる類のEDは、失恋や夫婦間の不仲なども含まれます。

本人が気づいていない場合も多く、複雑な場合がほとんどです。
うつ病や統合失調症も原因のひとつとして挙げられています。

器質性の原因



器質性のEDは、加齢や生活習慣病、事故などによる外傷および手術などがあります。

ホルモン分泌量が加齢とともに低下してしまいそれによりEDになることがあります。
高齢者に多くみられる原因のひとつです。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因で血管や神経に影響を及ぼすことや、事故などでの外傷および手術によって神経が傷つき、それが原因になることもあります。

器質性EDの場合、治療薬を服用しても効果が見られないこともあります。

薬剤による原因



薬剤の服用によるEDは、20代くらいの若い世代の男性でもなりやすいとされています。

精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬などの服用、高脂血症治療薬のように長期にわたっての服用が原因になることがあります。

薬が原因でEDになることを知らない人が多く、歳をとったせいと思ったり心理的なものが関係していると思い込んで症状を悪化させてしまうことがあります。

EDは適切な治療が必要



EDは上に記載した原因が混合して起こる場合もあります。

例えば心因性のものと器質性のものが合わさってなってしまうこともあり、主に糖尿病や腎不全、加齢などがきっかけでなってしまうことが多くみられます。

EDの症状としては、勃起しないということはもちろん、勃起するまでに時間がかかってしまうなどの勃起機能全般に問題があるものです。

ED治療薬で治るものが大半ですが、そうでない場合には適切な医療機関での受診をおすすめします。

ED薬通販

メインメニュー

おすすめ記事

2012年に開発された第四世代のED治療薬スンドラ。その効果の秘密に迫ります。
スンドラのジェネリック医薬品アバナ。価格は?効果に違いは?
EDの原因には心因性、器質性、薬剤性の3つがあります。あなたはどれ?
そもそもジェネリック医薬品とは?その特徴を紹介。
ED治療薬は病院の他に海外通販で購入することも可能です。
ED治療薬を海外から個人輸入する際の最も安全な方法とは?
止まらない少子化。新世代のED治療薬アバナは救世主となるか!?
EDの改善には食生活の見直しや運動など様々な方法があります。