新薬とジェネリック薬の違い

医薬品には新薬とジェネリック薬の2種類があります。

新薬とは、長い研究開発期間をかけ新しい成分の有効性・安全性が認められた後、国の承認を受けて販売されている特許を持った医薬品です。



では、ジェネリック医薬品とはどのようなものなのでしょうか。
詳しく解説します。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック薬は、新薬と同じ有効成分を同じ量を使って作られている医薬品です。

有効成分の種類・量、用法・用量、効果・効能が同じでなければいけないので危険なものではありません。
新薬の特許(20~25年)が切れていたらどこの会社でも作ることが可能になり、成分は同じものなので同じ効果が見られます。

新薬はその医薬品の研究などに多くの時間とコストをかけていますが、ジェネリック薬はそういったものが一切かかっていないので安く購入することが可能です。

飲む人に優しく改良されたジェネリック

新薬とジェネリック薬の違いでいえば薬の形状や色、味、添加物などがあります。

ジェネリック薬は子どもや老人が飲みやすいように形状や味を変えて開発しているものが多いです。

例えば、大きくて飲みづらかった錠剤は小さくして飲みやすくしていたり、苦みが強くて子どもが飲みにくいものだったらコーティングをして苦みを少なくしたりします。



効き目や安全性には変わりがないか、新薬と同じように溶出試験や生物学的同等性試験などの厳しい試験を行います。
その試験で許可が下りないとジェネリック薬は販売することができないので、新薬と同様の安全性がある医薬品になっています。

ジェネリック医薬品の普及率

日本ではジェネリック薬はそんなに普及しておらず50%程度といわれていますが、海外での普及率は70~90%といわれていて、WHO(世界保健機関)でも使用を推進しているほど当たり前になっています。
多いところでは90%を超えている国もあるほどです。

日本でジェネリック薬が無いものでも、海外では既に出ているものが多いので、安く購入したいと思っている人は海外通販での個人輸入もすることができます。

新薬と同じ成分で同じ効き目のジェネリック薬を通販などで気軽に購入することができるのも魅力のひとつです。

ED薬通販

メインメニュー

おすすめ記事

2012年に開発された第四世代のED治療薬スンドラ。その効果の秘密に迫ります。
スンドラのジェネリック医薬品アバナ。価格は?効果に違いは?
EDの原因には心因性、器質性、薬剤性の3つがあります。あなたはどれ?
そもそもジェネリック医薬品とは?その特徴を紹介。
ED治療薬は病院の他に海外通販で購入することも可能です。
ED治療薬を海外から個人輸入する際の最も安全な方法とは?
止まらない少子化。新世代のED治療薬アバナは救世主となるか!?
EDの改善には食生活の見直しや運動など様々な方法があります。