海外医薬品を安全に個人輸入するには



薬事法によって、日本では認可されていない薬でも海外から個人的に輸入する事は認められています。
それを海外医薬品の個人輸入と呼び、現在では利用する人が年々増えているのが現状です。

また輸入代行業者を利用すれば通常の国内通販と同じ感覚で必要な商品を注文する事もできます。

ただ、安全に行う為にはいくつかの注意点を知っておく必要があります。

まず最初に、個人輸入における注意点を記載しますので、これから海外医薬品を取り寄せようとお考えの方は事前にご確認ください。

個人輸入の注意点

特に注意しなければならないのが以下の2点となります。

◆ルールを順守する

薬事法で認められているのは「個人の利用に限る」という事になっています。
しかも量は2カ月分以内となっているので注意しましょう。
現在、国内では個人輸入した海外医薬品を販売する事は禁止されています。
そのため、輸入代行業者も個人輸入代行を行っているだけで、そこの業者が実際に医薬品を販売しているわけではないと言う事を理解しておきましょう。
◆偽物を購入しない

人気のある薬は特に、偽物が多く出回っています。
ただ製造メーカーが違うだけでなく、中には健康被害を起こしてしまう可能性があるものもあるので注意しましょう。
利用する個人輸入代行業者は100%正規品を扱っている所、品質保証をしている所を選ぶ事をお勧めします。
そうすれば偽物に出会う事はないので、安心して服用する事ができます。

海外医薬品の個人輸入は手軽に必要な薬を手に入れる事ができるので、大変便利なシステムとも言えます。
しかし利用者の注意によっては何が起きるか分かりません。
海外医薬品の個人輸入は難しいと考える方もいらっしゃいますが、それ程難しい事ではありません。
注意点をよく理解して正しく利用しましょう。

個人輸入のメリット・デメリット



個人輸入にはいくつかのメリットとデメリットがあります。
上に記載した注意事項と併せて把握することで更にスムーズな利用が可能となります。

個人輸入のメリット

メリットとして、日本では認められてないジェネリックを含む各種医薬品を購入できる点が挙げられます。

日本で認可されてないとは言いましたが、違法なわけではありません。

当然輸入する量の規定はあり、違法薬物などの輸入は出来ませんが、そのほかのものであれば安全に安く購入できます。

日本では新薬しかない医薬品も、輸入先の国にジェネリックがあればそれを購入できます。
そのため、今までにかかっていたコストを削減する事ができます。

また、個人での輸入のほうが税金が安くなるため病院などで購入するよりも安く購入できます。

個人輸入のデメリット

デメリットとしては、海外医薬品の購入なのでサイトは当然現地語になるという点が挙げられます。

英語ならある程度わかる人がいてその人に聞いたり、自分で調べたりすれば何とかなるかも知れません。
ですが、多言語を理解できなければ、そのほかの言語になってしまうとやり取りをするうえで支障が出てしまう場合があります。

例えばトラブルがあった際の対応や疑問点を問い合わせをする際のやり取りがとても大変になってしまいます。
そのような場合、自分ひとりで海外のサイトを利用しようとすると大変なことが多いかもしれません。

では、言語が理解できない場合は個人輸入を諦めるしかないのでしょうか?

答えは、ノーです。
言語が理解できなくても最近では海外通販の個人輸入代行サイトというものがあります。

自分が輸入したいと思う海外医薬品を代わりに手配してくれるので、トラブルなどの対応や問い合わせなどもすべて日本語で対応してくれます。
なので簡単に個人での輸入をすることができます。

自分に合った安全で信頼できる個人輸入代行サイトを見つける事によって、より簡単に、手軽に医薬品を購入することができます。

ED薬通販

メインメニュー

おすすめ記事

2012年に開発された第四世代のED治療薬スンドラ。その効果の秘密に迫ります。
スンドラのジェネリック医薬品アバナ。価格は?効果に違いは?
EDの原因には心因性、器質性、薬剤性の3つがあります。あなたはどれ?
そもそもジェネリック医薬品とは?その特徴を紹介。
ED治療薬は病院の他に海外通販で購入することも可能です。
ED治療薬を海外から個人輸入する際の最も安全な方法とは?
止まらない少子化。新世代のED治療薬アバナは救世主となるか!?
EDの改善には食生活の見直しや運動など様々な方法があります。